なるべくお金をかけずに行う私の健康管理法

中年期以降は、毎日の生活全般に置いて健康に気をつけなければなりません。私が食事面で気を付けていることは、油を使った料理を過度に取らないこと、甘すぎるデザートも毎日は取らないように心がけています。

食事だけでなく、運動をする事が健康にはとても良い事であり、また、必須条件でもあります。私の健康管理法は、運動を毎日必ず行うことです。中年期以降は若い時と比べ体力の衰えを否定できません。体力を維持したいですが、無理に過度な運動をすると怪我の危険度が増加します。

必然的に、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどが選択肢に挙げられました。自宅で犬を飼っているため、犬との毎日の散歩がウォーキングとしての運動に挙げられます。その散歩で、ほぼ毎日運動をしている事にはなります。

スポーツクラブや習い事で運動をすると費用がかかります。そして運動の為に車の運転をして外出しなければならないので、自宅ででき飽きないものがないのか考えました。毎日テレビのプログラムで平日一日3回体操を5分間行っています。その番組の時は一緒に自宅で体操をします。全部参加すると15分の運動になります。

さらにヨガの本を買ってきて自分でポーズをとりエクササイズをします。それで30分ほど運動します。犬の散歩、テレビのプログラム、ヨガで1時間ほどの運動になります。毎週1日は仕事日で外出していますので週6日は運動している計算になります。この運動で毎日元気に過ごせています。

ただ、もう少し体力をアップしたい場合は、これに加えて動画を見ながらエアロビクス、ダンス系の運動を加えると体力もつくし、体重も減ります。動画は、無料の動画サイトを見るとDVDを購入する必要はありません。この時、無理をし過ぎて腰痛などを起こすことがあるので注意が必要です。お財布や身体に無理なく健康管理することはインターネットの普及で情報収集がしやすくなり、とても助かっています。また、アプリなども体重や血圧管理が無料でできるものもあります。積極的に健康管理に取り入れています。

 

自分が日ごろから行っている私の健康管理法

日頃から自分が行っている健康に関するケアを記述します。

睡眠は必ず6時間、また決まった時間帯にとるようにする。
健康にとって睡眠は欠かせないものです。睡眠には起きている間に失われた栄養素を作り出すのに必要であったり、脳の記憶整理をするためにも必要だと云われているぐらい重要です。

また、寝る時間帯もとても大切です。よく寝る時間をちゃんと確保するように、ということを言われるかと思いますが、実は寝る時間帯も決めて寝たほうがよいのです。人間は寝るときに成長ホルモンを分泌して、体の修復を促しています。しかし、その成長ホルモンは、体内時計が乱れるとあまり分泌されなくなってしまいます。なので、就寝する時間帯は決めておいたほうが良いです。そのほうが寝ている間のホルモン分泌がスムーズに行われ、次の日に疲れなどが残らないようになります。

また、これは余談になりますが、睡眠がちゃんととれていないと肌荒れが起きやすくなります。体の修復が上手くいかないのだから、当然ですよね。健康という観点からでも重要ですが、美容という観点からも睡眠は特に重要です。

食事でおなか一杯に食べないようにする。
人間は物を食べたらその物を消化するのにも、エネルギーを必要とします。そして、消化した食べ物から栄養を摂ることにもエネルギーを必要とします。普段、食事をするうえで自分が気を付けていることですが、食事をするうえで必ず満腹にならないようにしています。俗にいう、腹八分目です。当たり前のことだとは思いますが、大切なことでもあります。

物を食べすぎてしまうと、食べたものを消化することだけにエネルギーを使い切ってしまい、せっかくの栄養を吸収することができないということがあるからです。また、食べすぎた物を消化するのに、内臓がたくさん働きますので、おなか一杯に食べることを続けていると、内臓が疲れてきてしまいます。結局、次の日に疲れがなぜか残っている、ということも起きてしまいます。

 

私の健康管理法はシンプルで簡単です

私の健康管理法の1つ目は、手洗いとうがいです。

正直当たり前でしょ、と思われるかもしれませんが、一番効果的な方法です。なぜならウイルスは、のどや鼻から体内に侵入するからです。ただしこまめにやらないと、効果は発揮しません。

皆さんが手洗いとうがいをするのは、帰宅時だと思います。ですが、当然家の中にもウイルスは存在します。そのため、在宅時でも一定時間後には、手洗いとうがいをすることをオススメします。

2つ目は食事内容です。私の場合は、肉や魚をほとんど食べず、野菜を多めに食べています。バランスが悪い食事なのでは、と気にかかるかもしれませんが、総合的に考えれば、野菜が一番優秀であると言えます。肉にもタンパク質やビタミンは含まれていますが、脂質を摂りすぎる可能性があります。魚も優れた栄養を持っていますが、調理が面倒になりがちです。ですが野菜なら、ビタミンの量と種類をバランス良く摂取できますし、調理方法も楽です。

それにクセのある野菜は少な目なので、野菜同士の相性を深く考えなくても良いのも便利です。料理が苦手な人は野菜盛りだくさんのスープにして飲めば、ヘルシーかつスープに溶けた栄養も摂取できて一石二鳥です。

3つ目は規則正しい睡眠にする事です。具体的には平日・祝日を問わず、同じ時間に起床・就寝にする事です。祝日はたくさん寝たい、と考えたくもなりますが規則正しくする事は体にとっても負担になりません。なぜなら体はリズム通りにこなすのが楽だからです。

例えるのであれば、マラソンが解りやすいでしょうか。ペースを上げたり下げたりするよりも、一定のペースで走り続けた方が負担は確実に減ります。それと同じように、平日は、仕事により規則通りに、祝日は好きなだけ寝て不規則にしてしまったら、逆に辛くなるのは当然だと言えます。ただ慣れるまでは、疲れが取れきれずきついかもしれません。ですが慣れれば最も疲れが取れる方法だと気付けるはずです。

いかがでしょうか。私の健康管理法を全て実践するのは難しいと思いますが、気に入った方法がありましたら試してみてください。

 

私の健康管理法は、自分で幅広い食事をすることです

私の健康管理法は、食事で栄養のバランスを良くすることです。食べることは一番簡単なことでもあり、難しいことでもあります。バランスを考えて好き嫌いなどもあるので、色んな食事法を考えなければなりません。

健康管理に必要なのは食事と考えていて、肉と魚、それと野菜をバランス良く摂取することで、健康を保つようにしています。なるべく自分で料理をするように心掛けていて、自分で栄養バランスを調整することもでき、必要な栄養素はたくさん食べて、必要のないものは抑えるようにしています。

私の場合は、和食を中心とした食事をしていて、野菜を多く取れるようにしています。なるべく無農薬で地場産の野菜を使うようにしていて、なるべく旬のものを食べるようにしています。特に魚はDHAが入っていることから頻繁に食べるようにしています。野菜は、多く食べることは難しいのですが、炒めることや茹でることで、多く食べることができるのが良いです。

ただ食べるだけでなく、栄養を幅広く取ることで健康を保っています。太らないようにするために炭水化物を少し減らして、脂質も取りすぎないようにしています。

健康管理で重要なことは、味付けも大切なことで、なるべく塩分を控えるようにしています。塩分が多くなってくると高血圧になってしまうために、塩分控えめのものを購入していたり、味もなるべく薄味にしていて、薄味に感じないように出汁を利かせるようにしています。

定期的に検査をしていて、足りないところがあればサプリメントでも補うことにしています。サプリメントは、気軽に栄養を摂取する方法として知られていて、私が苦手な食べ物などはサプリメントを摂取しています。

健康管理をして必要な栄養を取るようにしていて、体重も平均の人と同じくらいに保つようにしています。

私の健康管理法は最初は難しいかもしれませんが、慣れてくれば自分のペースで食事を作ることができるので、現在は難しくなくて楽しみながら料理をしています。

 

温めにこだわった私の健康管理法

年齢を重ねると肌にトラブルが多く出てきたり、脂肪がつきやすくなり、それによって疲れが溜まったりというように困った事がたくさん起きます。やはり健康管理は、若い時よりも大切になってきますから、独自の健康管理法を考えるのは大切ではないでしょうか。

私の健康管理法は、とにかく身体を冷やさないという事を中心に考えた方法です。
体調が悪い時は、決まって手足が冷えており寒気を感じる事もあります。これは、血液が上手く巡っていないというのが起因しているようで、血液が行き届いていない末端の部分が冷えてしまいます。こういった体調不良の時の状態を逆手にとって、意識的に温めれば元気になるのではないかと思い始めたのが、身体を温めるという健康法です。

まずはやはり食べ物での調整が大切で、冷たく冷やしたフルーツやデザートを出来る限り控え、温かいものを食べるという事に加え、温める効果の高い生姜を食卓に必ず加えるようにしています。さらに、水分を取り過ぎると身体が冷えてしまうので、適量を心がけています。

食べ物の他に、身体を動かす事も重要です。
女性は特に筋力が低く、ポンプ代わりになるものがないので、一度下半身に落ちてしまった血液を元に戻すのが難しくなります。血液が巡らないと身体が冷える上、太ってしまう場合もあるので、下半身を中心に筋肉を鍛えて対応しています。

筋トレは、部分的に行なうのが簡単なので日常的に行なっており、炊事中にスクワットをしたり、脚を後ろに振り上げて上下運動をしたりしています。何かをしながら出来る健康法なので、楽で長続きします。また、筋肉はポンプ代わりになるだけではなく、筋肉そのものが熱を放出しているため、有るのと無いのとでは大きな差が出てくるものです。

筋肉がついたら脚が太く見えるのではないかと勘違いしている方も多いですが、実際には女性はそこまで分厚い筋肉がつくわけではないので、逆に締まりがあってきれいな見た目に導いてくれるので安心です。

 

毎日続けている私の健康管理法

子育て中の私としては、簡単に調子が悪くなってしまう事はどうしても避けたいと思っています。また病院に行く時間もないので、自分で健康管理しなければいけません。そこで私はいくつかの健康管理法を行う様になりました。

私の健康管理法の一つは、睡眠時間を確保するという事です。
20代前半位までは寝なくても平気でしたが、やはり20代の半ばを過ぎるころからは寝ないと翌日の調子が悪くなってしまう事が増えて来ました。その為、私はしっかりと寝る様にしています。用事が何もなくて暇な時は22時には寝て、忙しくてなかなか早く寝られないという時でも、日付が変わるまでには寝ると決めています。

勿論、絶対に毎日このルール通りに過ごす事は出来てはいませんが、睡眠時間の確保を意識する様になってからの方が確実に体調が良くなってきました。また朝は6時から6時半には起きる様にしています。朝寝坊をしてしまうと結局夜更かしをしても大丈夫になってしまって、早く寝る事ができなくなってしまうからです。

もう一つはなるべく便秘にならないようにするという事です。
元々私は酷い便秘で、10年程は便秘薬を使わないと排便できないような状態でした。しかしその状態では体力も落ちるし、何より健康的ではありません。だから私は便秘を解消する努力をしています。

一つは水分摂取を心掛ける事、後は野菜を沢山食べる事です。またなるべくトイレを我慢しないようになってからは、次第に自力でも排便できるようになって行きました。便秘薬がなくても排便できる様になった頃から、次第に調子が悪くなる機会も減ってきた感じがしています。

睡眠と排便、基本的な事ですが、やはり健康管理をする上ではとても重要な事ではないでしょうか。
大人になるとなかなか難しいかもしれませんが、子供の頃みたいにしっかりと寝たりする事が、やはり健康の維持増進には必要だと思っています。またこの方法であれば特別な道具も要らないし、費用も発生しません。だからいつまでも続ける事ができる健康管理法なので、私としてはとても気に入っています。